Git操作 - 目的から逆引きGitコマンド【随時更新】

普段SourcetreeでGitを操作しているため、gitコマンドをよく忘れることがあるので残しておきます。

Git ログを確認する - 追記: 2021/05/29

$ git log --graph --date=short --decorate=short --pretty=format:'%Cgreen%h %Creset%cd %C(cyan)%cn %C(magenta)%d %Creset%s'

git log image


ただオプションが長すぎるので、 .gitconfigなどでaliasを設定する方が良さそう

# ~/.gitconfig

# ....

[alias]
    gra = log --graph --date=short --decorate=short --pretty=format:'%Cgreen%h %Creset%cd %C(cyan)%cn %C(magenta)%d %Creset%s'

これで使いやすくなった。

$ git gra

コミットしていない or まだしたくない変更を一時的に退避させる

  1. 変更分を退避
$ git stash save
  1. 退避した作業一覧
$ git stash list
stash@{0}: WIP on test: xxx
stash@{1}: WIP on sample: xxx
  1. 退避した変更を戻す
$ git stash apply stash@{0}
  1. 退避した作業を削除
$ git stash drop stash@{0}

ブランチ名の変更

$ git branch -m oldブランチ newブランチ

現在のブランチ名を変更

* feeeature/hoge

$ git branch -m feature/hoge

-> * feature/hoge

ローカルブランチを削除したい

  1. ローカルブランチを確認
$ git branch
  * master
  develop
  feature/hoge
  1. 指定したブランチを削除
# git branch --delete ブランチ名
# git branch -d ブランチ名

$ git branch -d feature/hoge
Deleted branch feature/hoge (was xxxxxxx)

Written by@Ryutaro
気になっている: Rust, React, Electron

GitHub